長田高校/神撫会東京の広場

兵庫県立第三神戸中学・長田高校OB・OG会
神撫会東京支部について
「Face To Face」:OB紹介(バックナンバー一覧)
神撫会東京支部へのご登録
神撫会東京支部 Topへもどる
リンク
創立100周年記念 東京支部企画
兵庫県が「出会い」をサポート
SEARCH
<< ■創立100周年記念 東京支部企画 | main | ■東京支部への登録・お便り >>
■東京支部からのお知らせ

東京支部新体制10周年記念植樹のご報告
昨年の懇親会において、記念植樹のため、みなさまから¥49,638の募金をいただきましたが、5月7日(木)、長田高校校庭の北よりの区画に無事、植樹を完了することができました。
プレートもついておりますので、母校にお立ちよりの際には、ぜひ、東京支部の記念樹をご覧下さい。
東京支部新体制10周年記念植樹3

ご協力どうも有難うございました。




<7月11日(土)理事会が開かれました>
★詳細はコメント欄(左斜め下commentsをクリック)をご覧ください。★
| comments(13)|
OY (2008/09/22 12:08 AM)
幹事会報告(9月10日)
 なるべく各理事が理事会へ出席していただくことが、会の運営上大切であり、理事
会の日を定例的に決定しておけば、仕事の調整などつきやすく出席しやすくなるので
はないだろうか。
 例えば、総会のあとの最初の会合は、幹事の任命などがあり、理事会を速やかに開
催する必要がある。また、総会前も、翌年度の理事の新体制案を決定する必要があり
これも開催する必要がある。あわせて、12月に忘年会を開き、年3回を定例の理事会
として、月日を事前に決めておけばよいのではないか。
 案として、
 。儀遒梁茖何緲貌は、総会前の翌年度理事新体制案策定等の審議
◆〜躄颪瞭の翌月の応答曜日(例えば、総会が6月の第2土曜日なら、7月の第2
土曜日)は、総会後の新体制における幹事の任命等の審議
 12月の第2水曜日は、忘年会ほか審議
を提案したい。(もちろん、理事会の議決が必要な場合は、上記以外にも理事会を開
催するほか、メールによる持ち回り審議も活用する。)

 上記案でいくと、当面の定例の理事会開催日程は、平成20年12月10日(水)、平成
21年5月13日(水)、平成21年7月11日(土)となる。
 本案は、全理事へメールによる持ち回り審議とすることとした。
OY (2008/09/22 12:06 AM)
幹事会報告
1 開催日時
平成20 年7月8日(火)午後6 時30 分から午後9 時30 分の間
2 開催場所
パパ・アントニオ(渋谷区代官山)
3 出席者
9 名(南山、新山、奥平、田中、岩崎、吉田、林家、林、車谷(書記))
その他の出席者
4 名(白土、山田(以上34 回生)、西馬夫妻、中野(以上35 回生、西馬夫は33 回生)
4 議事
&#9332; 2008 年度総会まとめ(報告)
2008 年度総会担当である林家幹事並びに山田さんから、同総会の結果について報告があった。
出席者は215 名(来賓6 名を含む。)であった。
会計については、総収入1,434,138 円(会費1,064,000 円、お祝い金50,000 円、寄付金66,500
円、企画収入153,638 円、支部からの活動助成金100,000 円)、支出は1,151,632 円で収支差額
は282,506 円であった。なお、企画収入の153,638 円は高校への植樹等に用いることと支部から
100,000 円の活動助成金をうけていることから、実質の収支差額は28,868 円である。
チャリティーで集まった募金は全額長田高校の部活動支援金として寄付する。方法については
南山代表理事が村野理事に相談。植樹については林家前幹事長と内山先生、中野新幹事長で相談
する。
来年度は、活動助成金100,000 円、郵送料充当前払金100,000 円の計200,000 円としたい。こ
れは、企画、郵送料で立替えが200,000 円近く発生することを考慮するものである。(出席者一
同了承した。)
反省点として、
・ 案内状送付に返信用切手代を多く要したので、来年度は早めに料金受取人払等の手続きをし
ておく。
・ 28 回生から、チャリティ抽選会は非常に評判であった。(田中幹事)
・ 結局は、赤字を出したくないために持ち出しが増える傾向にあり、規模の大小はあるが、担
当幹事の負担を強いることは否定できない。
・ 担当幹事の負担はどうしてもやむをえないので、最後の打ち上げ費用を感謝と慰労の意味で
本部から渡すことですべてを補うことはできないか?(林家理事)

&#9333; 来年度総会の運営について(南山理事)
決議方法の解釈
来年度総会に向けた体制として、理事の任期が1 年(会則第11 条)であることから、理事の
なかから代表理事を選出(同第7 条)し、幹事を会員の中から理事会が任命する(同第8 条)こ
とが必要となる。
一方で、理事会の決議システムが「理事の過半数をもって可決、可否同数の場合は代表理事が
決定する」(同第21 条)となっている。
神撫会東京支部会則は、平成19 年6月9日に制定され、丸1年がたち、幹事の任命等、実質
上、今回が初めての運用となる。
本日、代表理事並びに幹事の選任を行いたいが、決議システムを明確にしたい。提案として、
「理事の過半数」の解釈について、全員の総意が原則であるが、会の合理的運営のために、理事
の過半数以上の出席を条件として、「出席理事の過半数」と解釈したい。このことについて、全
理事へ書面による意思確認を行うこととする。
体制(案)
本日の出席者が9 名と全理事18 名の過半数に達していることから、前記の解釈が認められる
ことを前提に体制(案)を提案する。
代表理事は、平成20 年度と同様南山が行う。
次に幹事の任命であるが、支部長に南山、事務局長に稲田理事、会計に田中理事、広報に大寺、
吉田の各理事、文書に車谷理事、前年度の担当幹事として林家、林の各理事にお願いしたい。ま
た、本年度の担当幹事として、35 回生の中野君、西馬さんにお願いすることとする。以上、幹事
は、10 名の体制でスタートしたい。

&#9334;今後の東京支部のあり方(展望)について
次の世代へと発展的に継承していくための経済基盤と体制づくり。
総会・懇親会の運用を核にしながら東京地区の卒業生が母校と現役生に何が貢献できるか。
について、フリーディスカッションした。
主だった意見として、
・ 母校に貢献するためには、それが財政基盤を必要としたり、あるいはインターンシップ制度の
ような人材活用であったり、何かをこの1年を通じて考えていきたい。(南山)
・ 来年度は35 回生であるが、ちょうどこの担当幹事制度が始まって10 年となるので、35 回生を
メイン幹事として、25 回生、45 回生も共に補助的幹事として運営していけば、年代差をこえた
交流が生まれ、より活性化するのではないか。(南山、車谷)
OY32 (2008/02/02 9:32 PM)
2008年1月幹事会が開かれました
開催日時:1月30日(水)
&#9332; 2008年度総会(平成20年6月14日開催)準備進捗状況について(報告)
2008年度総会担当である小阪幹事より
&#9333; 事務連絡(連絡)
   田中幹事から平成20年2月29日、長田高校の卒業式が開催される。例年どおり神撫会東京支部のチラシを配布するので、南山支部長に原稿作成方お願いしたい。

OY32 (2007/12/03 1:59 PM)
2008年11月幹事会

1、2008年度総会準備進捗状況について(報告、提案)
2008年度総会担当である小阪幹事から、同総会準備の進捗状況についての報告。
「平成19年11月22日、第3回の34回生による会合をもった。当日の開催に際し30名からの出欠連絡があり、14名が出席した。当日は、懇親会テーマを決定したほか、個別の企画案を検討した。
テーマ(仮)は、「I’m proud of NAGATA 〜西の名門校宣言!〜」と決定した。

中西元支部長から、「いずれも大変、おもしろい企画であるが、3中生の方々にも配慮した企画をお願いしたい。」意見がなされ、出席者一同、同意見に賛同した。

2、総会名簿担当の林幹事から、新しい名簿管理についての提案。
車谷幹事から「今年度総会の名簿担当であり、広 報担当補佐である吉田幹事と詳細をつめていただ きたい。」旨意見があり、出席者一同、同意見に賛同した。

3、総会担当幹事である小阪から懇親会準備への協力依頼があった。
車谷幹事から「当方が年内に各代の中核になる方の連絡先をとりまとめて小阪幹事へお渡しする。25回生以下は理事会メンバーで網羅できるので、24回生以上の方は、南山支部長、田中幹事がとりまとめて当方に年内にご連絡していただきたい。」旨意見があり、出席者一同、同意見に賛同した。
YO32 (2007/10/18 2:47 PM)
<07年10月幹事会報告>
1 開催日時
  平成19年10月17日(水)午後7時〜午後9時15分

3 出席者
  6名(南山、田中、吉田、小阪、林家、車谷)

4 議事
 &#9332; ホームページ等の運営について
   広報担当幹事より、神撫会東京支部ホームページの今後の運営方法について、提案と報告。
  ア 長田高校のホームページに当支部ホームページがリンクされることとなった。(報告)
  イ 現役生の大会報告を当支部ホームページに掲載していきたい。(報告)
  ウ 2008年度総会準備ページの記事を34回生に担当していただきたい。(提案)
  → 2008年度総会担当幹事が記事を作成し、広報担当幹事にメール等で配信することとし、それを広報担当幹事等がホームページへアップすることとした。
  
 &#9333; 2008年度総会準備進捗状況について(報告)
   平成19年9月12日、第2回の34回生による会合をもった。当日の開催に際し28名からの出欠連絡があり、16名が出席した。
当日は、予算案のたたき台(会費は据え置く方向)を提示したほか、各担当を決定した。企画総括は樫野君、名簿管理は林君、会計担当は山田さん、司会は小山君である。
また、企画案として10ほどの提案がなされた。

 &#9334; 幹事会体制の確認について(報告)
 (支部長)南山、(事務局長)稲田、(会計担当)田中、(広報担当)大寺、
(文書担当)車谷、(広報担当補佐)吉田、(総会担当)小阪、林家
  の8名である。

支部長より。「皆さん社会人として忙しい立場にあると思うが当支部発展のため、お互いに協力しあって無理のない運営にご努力願いたい。9月に実施された長田高校の同窓会総会にも参加したが、東京支部の活動に皆さん非常に期待しており、今後ともよい会にしていきたい。」

 &#9335; 次回会合について(連絡)
      開催日時は、平成19年11月28日(水)午後7時から、場所は未定。
OY32 (2007/09/15 12:09 AM)
9月理事会が開かれました。

〇日時 2007年9月11日(火)午後7時から9時まで
〇出席者 南山、岩崎、田中、車谷、吉田、林家、小阪 以上7名(順不同、敬称略)

1. 引継ぎ資料等33回生から34回生へ  
車谷理事より説明(資料 参照)
・ 何が必要で何が不要かは一概に言えないところもあるので取り敢えず全て引き継ぐこととする。(→承認)

2. 理事会、幹事会の体制について(車谷理事より説明)
・ 理事会のメンバーを確認したい(→承認) 
南山、稲田、田中、新山、奥平、島谷、室、大寺、岩崎、井口、平岡、西、國頭、車谷、吉田以上15名、尚室井が監査役。(以上敬称略)
尚、支部総会担当回生の幹事は出席を要す。
・ 理事会の開催時期を明確にしたい(→承認)
5月(総会詳細最終確認)7月(総会反省会)9月(次年度総会キックオフ)の年3回が定例理事会。その他は代表理事が召集する。
・ 幹事会役員について確認したい(→保留)

3. 神撫会総会(神戸)について(→承認)
・ 2名の招待枠が来ている。
南山支部長と次年度担当34回小阪の両名が参加する。

4. 平成20年東京支部総会に向けて(小阪より現況報告)
・ 明日(9/12)2回目の同期会を開催する予定。出席者が14名、欠席を含めても24名にしか連絡が取れていない。イベント企画案と予算案について議論する。併せて新規連絡先収集と名簿担当、会計担当を決めて行きたい。
・ 南山支部長より、「基本的に自由にやってくれればいい。バックアップするので分らないことは適宜聞くように」

5.幹事会を10/17(水)19時より開催したい。(→承認)      以上 
OY32 (2007/07/18 9:47 PM)
7月幹事会(総会反省会)

日時:2007年7月11日(水)午後7時〜9時
参加者:南山、新山、奥平、田中、西、平岡、国頭、車谷、吉田、高瀬、林家、小阪 以上12名
 (敬称略)

1.2007年東京支部総会の会計報告(→承認)    (33回生より報告)
・企画関連費用のあり方* について議論→引き続き検討
・寄付について→実施の有無、方法等、今後検討
・その他質疑応答

*企画関連費用のあり方について
「実際の経費や役務について、どこまで総会会計で賄うべきか(どこで線を引くか)」等。以下のような意見が出された。
(a)実際にかかった費用については、すべて総会会計から賄うのがスジでは?
(b)とはいえ、役務の対価まで総会会計から負担するとした場合、際限がなくなってしまう。
(c)基本的にはボランティア活動であり、知恵と手間で賄えることは原則として手弁当とし、物品購入費や交通費等の実費については総会会計で賄う、といったあたりで線を引いてはどうか。担当回生として出来るだけよいものを作りたいと考えるのは当然だが、過重な手間がかかるような企画であれば企画自体を見直すなど、どこかで一定の歯止めをかけた方がよい。
(c)事前に予算を組んで承認を受けておくことが重要。実際の収入はブレるので、結果的に赤字が生じた場合も、予算の範囲内で実際に生じた費用等については支部会計から賄うようにすべき。そうでないと、担当回生が安心して準備にかかることができない。

2.来年に向けて34回生の現況報告 
  (34回生より報告)
・6/28(木)に同期会を開催。10名参加。次回は9月を予定
・現在連絡先を収集している段階。39名の連絡先を確認済み
・来年度に向けては収入を増やし、支出を減らすことを検討していきたい
・開催日については2008年6月14日(土)で承認願いたい(→承認)
・神戸在住者にも協力を呼びかけている
・諸先輩方には宜しくご指導願いたい
     
以上。
YO32 (2007/06/06 7:56 PM)
5月幹事会が開かれました。
開催日時:5月16日(水)19時〜21時

1. 総会準備 進捗状況 33回生より 報告 
1−1.進捗状況
5月12日 1ヶ月前ミーティング 33回生14名+32回生2名。
役割分担の確認。
受け付けテーブルは 3ブース。
東武ホテルの会場は 昨年よりも1スパン 拡張する。テーブルは14ヶ。
スクリーンは 2箇所。
目標参加者数 200名。
特製瓦せんべい を 記念として 出席者 全員 に プレゼント。
1−2  出席者数の中間報告(5月15日現在)  113名 の出席 を確認。
1−3  会則について
    名称は  東京支部 とする。
会則制定についての説明と新体制のメンバー紹介を総会で行う。
1−4  今後の予定 6月2日(土) 渋谷東武ホテルにて リハーサル。
           
* 来賓への招待状は 発送済み。校長先生の     新幹線切符 発送済み。
* 総会資料作成の担当分担の確認。
    (事務局―担当回生)
* 神撫会東京支部会則作成と総会承認準備。
* 神撫台 原稿 の準備。
* 来賓 ご招待者の 出席確認。
* 兵庫県東京事務所からのご来賓。
    (出席確認済み)

OY32 (2007/04/19 11:13 PM)
4月幹事会が開かれました。
開催日時:4月18日(水)19時〜21時

1. 総会準備 進捗状況 33回生より 報告 
・懇親会企画準備は順調に進んでいます。
・東武ホテルの会場は、昨年よりも1スパン拡張 する。テーブルは14−15ヶ。
・各担当は ほぼ確定。

2、今後の予定 
・4月22日(日)までに 案内状発送 予定。
・5月25日 までに パンフレット案 確定。

3、確認事項
* 案内状は 作成済み、支部長 承認済み。
* 総会資料作成の担当分担の確認。(事務局―担当回生)
* 来賓への招待状作成 手順の確認。(支部長―事務局)
* 総会議案作成と総会承認 準備。

★次回の定例幹事会は 5月16日(水)

以上
(2007/03/24 7:49 PM)
3月幹事会が開かれました。
開催日時:3月22日(木)19時〜21時

1.会計報告
  2006年度は、約20万円 プラス となりました。

2.総会 準備ミーティング 報告
  3月17日(土)32回生・幹事7名と担当回生   33回生8名とミーティング。
3.企画・テーマ・運営について 33回生より報告
(テーマ)仰ぐ神撫の峯高き.
   「神撫とは何か?」私たちのルーツを探る。
(イベント)詳細計画中

4.案内状の発送スケジュール 確認
5.東京支部HPの知名度UPについて
6.東京支部 総会の来賓への招待状の発送 準備。
7.総会・会費について

以上
OY32 (2007/03/02 10:05 PM)
2月幹事会が開かれました。
開催日時:2月22日(木)19時〜21時

1、2007年度総会・懇親会準備の進捗状況確認。
  
2、東京支部の今後の活動について。
  会則制定の検討。
OY32 (2007/01/21 1:44 PM)
1月幹事会が開かれました。
開催日時:1月18日(木)19時〜21時

1、2007年度総会・懇親会準備の手順確認
2、担当回生(33回生)の活動報告
  企画、案内などの各担当が決まり、いよいよ本  格始動の模様。

以上
OY32 (2006/11/06 7:58 PM)
11月幹事会が開かれました。
開催日時:11月2日(木)19時〜21時

1、07年度総会担当幹事33回生の幹事長、副幹事長決定。頑張ってください!

2、2007年度 神撫会東京支部 総会 の予算案が33回生幹事長から発表されました。

3、日程:2007年6月9日(土)(高校総体の為)
  場所:渋谷東武ホテル(従来どおり)
                以上









url: トラックバック機能は終了しました。