長田高校/神撫会東京の広場

兵庫県立第三神戸中学・長田高校OB・OG会
神撫会東京支部について
「Face To Face」:OB紹介(バックナンバー一覧)
神撫会東京支部へのご登録
神撫会東京支部 Topへもどる
リンク
創立100周年記念 東京支部企画
兵庫県が「出会い」をサポート
SEARCH
<< Face To Face No.79「コミュニケーションが基本」 | main | Face To Face No.81「やんちゃと生真面目」 >>
Face To Face No.80「継続は力なり」

 高54回生 桑田寛之

 高倉中学卒

 サッカー部(キャプテン)

 広島大学工学部

 富士通

 


 

 みなさんは「フットゴルフ」というスポーツをご存じだろうか?簡単に言えば、サッカーボールでゴルフするスポーツである。2009年にオランダで始まり世界に広がった。日本では2014年に日本フットゴルフ協会が発足。2015年、初代日本代表選手として選出されたのが桑田寛之さんだ。

 

―サッカー一筋ー

 父の転勤に伴って、小学校6年生で中野から世田谷に引っ越し、更に神戸に越したのは中学3年生を目前に控えた春休みだった。

 

 「未だに関西弁が話せません(笑)。転校当初、関東弁をいじられたけど、反対にそれが親しみを増すきっかけになったりもしました。『通学には白靴がマスト』、とか、『神戸体操』っていったい何?って戸惑うこともありましたが、ずっとサッカーをやっていた僕は、3年生の新学期が始まる前からサッカー部で練習をさせてもらいました。そこで既に仲間が出来ていたので、神戸での学校生活に馴染むのも早かったと思います」

 

 そして長田に進学。高校でもサッカー部に入部した。

 

入部して最初の試合からレギュラーで出場させてもらった。ポジションはフォワード。

「当時、各学年に20名ほどの部員がいました。60名の中から試合に出られるのは11名、補欠も入れて20名ほど。その中で、一年生からメンバーに入れてもらったのは2人で、試合に出られる11名の中に入れてもらったのは僕一人でした。三年生にとっては引退試合です。僕が出ることによって試合に出られなくなる三年生がいる。出してもらった限りはチームに何がなんでも貢献せねば!と強く思っていました」

 

 県予選を勝ち進み、ここで勝てばベスト4というところまで進んだ。だが、そこで敗退。この時の試合で、桑田さんは点を入れることができなかった。

 

 「司令塔を務めていたキャプテンの三年生の先輩が、試合前日の体育の水泳の飛び込みでまさかの肩の脱臼。試合当日、ウオーミングアップで再び脱臼。病院に駆け込み肩を入れてもらって試合には途中出場でした。それまでの試合ではいい感じで勝っていただけに、メンバーが変わったことによって、自分自身のメンタルの弱さが出てしまった!と悔しかった。僕はどちらかというと人に合わせるタイプ。もっと自分からいかなければダメだと思いました」

 

 3年生でキャプテンになったが、監督の林先生からは「前代未聞の優しいキャプテン」と称されたとか。「人を怒ることができない」優しい桑田さんだが、仲間からは「勝負への拘りは人一倍強い」と言われているそうだ。

 

 進学した広島大学でも体育会のサッカー部に入部した。入部してから知ったのだが、広大サッカー部にはサッカーでの推薦入学枠があり、地元サンフレッチエのユースや全国大会出場校から進学してくる選手など、サッカーエリートがたくさんいた。部員は約80名。

 

 その中で、桑田さんは副キャプテンを務める。「今度はチームのつなぎ役だったので、適任だったと思います(笑)」

 

―フットゴルフとの出会いー

 サッカー漬けの子ども時代・青春時代を経て富士通に入社、システムエンジニアとして働きだした。商社のサッカーチームに入れてもらいサッカーを続けていた桑田さんが、初めてフットゴルフを見たのは2015年のテレビ番組でのこと。木梨憲武さんとジーコさんがトライしていた。

 

「観て、すぐにやってみたいと思いました。調べたら宇都宮で大会があるとのこと。出場してみたら60名中4位。そして次の大会では優勝。そして気付いたら2015年には初代日本代表になっていたのです」

 

 自信満々で臨んだオランダでの世界選手権。「入賞したら、インタビューではなんと答えようか」とまで考えていたが結果は惨敗。150人中100位ぐらいだった。

 

「日本ではカップはグリーンではなくラフに切ってありますが、海外ではグリーン上にあります。ものすごくボールが転がり止まりませんでした」

 

 練習を積んで、「今度はいける!」と臨んだアルゼンチンでの大会では、1ホール目で、パー4のホールを16(+12)の大たたきをしてしまった。

「両側をバンカーに挟まれたグリーンで、バンカーとバンカーの間を行ったり来たり。ミスを引きずって自分自身をコントロールできず、予選敗退という非常に悔しい大会となりました。」

 

 二つの世界大会に出場して気付いたのは「決して、サッカーボールを蹴るフォームが綺麗な人が上手いというわけではない。どこまで飛ばすかではなく、どこで止まるかが大事という、ゴルフでは当たり前の理論でした。」

 

 河川敷にボールを7つも8つも並べて、思った場所で止められるようにする練習を黙々と続けた。

「時々、親切にも飛んでるボールを途中で蹴り返してくれる人がいて。止まる場所が見たいんですが(笑)」

 

 そして、2016年のアジア大会では個人・団体戦共に優勝することができた。

 

―仕事とプライベートの両立ー

 現在、「働き方改革」の最前線にいることもあり、テレワーク等を利用しながら家族との時間、練習の時間、遠征の時間をやりくりしている。6歳の一人息子と遊ぶ時間が今、一番幸せな時。お父さんはこんなにアウトドアスポーツ大好きなのに、「息子はなぜかインドア派で(笑)。家の中での戦隊ごっこに付き合ってます」

 

 「フットゴルフは多くのゴルフ場ではゴルフの空いた午後からの空き時間を使って練習させてもらっています。サッカー経験者が多いので、初めてされる方はジャージでやってきてゴルフ場のメンバーさんにひんしゅくを買ってしまうこともあります。もっともっとマナーも整備して、ゴルフ場、ゴルフ場の会員様、そしてフットゴルフを楽しむ人たちがお互いにウインウインの関係になれるようなしくみを考えることも僕の一つの役割だと思っています。」

 

 フットゴルフの技術を磨くと共に、現在は、広報活動にも力を入れている。2024年のパリオリンピックで正式種目に認めてもらうことも当面の目標だ。

 

「勉強以外にも、全力で取り組めるものがあると楽しいですよ。何がきっかけになるか分かりません。いろんなことにチャレンジしてください!」桑田さんから現役長田生へのアドバイスだ。(2018年12月 取材・写真・文 田中直美)

 

 

試合でパターを決める桑田さん

 

桑田さんの動画、ハイライトシーンはこちらから

動画

 

編集後記

 桑田さんはとても穏やかに話します。それはいつも全く変わらずで、「反抗期さえなかったかも」とご本人も笑っていました。アルゼンチンやモロッコなど、かなり遠い国で開催されるフットゴルフですが、奥様は「優勝してきてね」といつも明るく送り出してくれる陽気な沖縄出身の女性とか。現在もフットゴルフ日本代表チームのキャプテンとして、メンバーのつなぎ役を自認する桑田さん。ゴルフを始めたばかりの私にも通じる「ゴルフ理論」もとても楽しいインタビューでした。

 

前の記事はこちらから

http://nagata-tokyo.jugem.jp/?eid=190

 

■■■
「Face to Face」今までの記事一覧へ

http://nagata-tokyo.jugem.jp/?eid=54

 

facebookでシェアして長田OBに広めていただけると嬉しいです。28回生 田中直美

 

| comments(2)|
桑田寛之 (2018/12/21 11:42 PM)
水草さん初めまして桑田です。コメント頂きありがとうございます!
フットゴルフは誰にでも気軽にできて、とても親しみやすいスポーツだと思っています!

※今年から北海道美唄市にもフットゴルフができる施設が増えました!
水草修治 (2018/12/21 9:11 PM)
フットサッカー、初めて見ました。楽しそうですね。いや、桑田さん、うまいもんですねえ。日本代表だから、あたりまえですか。









url: http://nagata-tokyo.jugem.jp/trackback/191