長田高校/神撫会東京の広場

兵庫県立第三神戸中学・長田高校OB・OG会
神撫会東京支部について
「Face To Face」:OB紹介(バックナンバー一覧)
神撫会東京支部へのご登録
神撫会東京支部 Topへもどる
リンク
創立100周年記念 東京支部企画
兵庫県が「出会い」をサポート
SEARCH
<< 高61回 中野瞳さん 女子走り幅跳び 兵庫リレーカーニバルで大会新記録 (2018/04/22) | main | 走り幅跳び・中野瞳さんを全力応援! in 2018神撫東京総会 >>
Face To Face No.73「大切なものを大切に」

 高62回生 宮本千尋

 伊川谷中学卒

 水泳部

 広島大学理学部地球惑星システム学科

 東京大学大学院理学系研究科地球惑星システム学科

 

 

―理科好き少女―

 子ども時代、ゴールデンウイークや夏休みの度に、両親は宮本さんと弟二人をキャンプに連れていってくれた。「これは食べられる。これは食べられない」。母は植物を手にしながら教えてくれた。星好きの父は、近くの天文台が主催する定例会に宮本さんを頻繁に連れ出し、一緒に望遠鏡を覗いた。

 

 こうして理科好き少女に成長した宮本さんは、中学時代に、大学で地学を専攻した理科の先生に出会った。話を聞いていくうちにフィールドに出て自然の中で学ぶ学問に魅力を感じた。恩師が大学で学んできたのと同じようにフィールドで学べる学問をやってみたい。広島大学理学部地球惑星システム学科に進学することを選んだ。

 

 「生まれて初めて家族の下を離れ、部屋に帰っても誰もいない、食事の用意もない、話す人もいないという環境の中で、夕食もお弁当もいつも用意してくれていた母に改めて感謝しました。初めて一人で作って一人で食べたカレーのまずかったことは忘れられません」

 

 ひどい反抗期もあったし兄弟げんかもよくしていたが、それさえ懐かしく、毎晩部屋で一人泣いていた。高校時代までどちらかというと人とかかわるのが苦手だった性格が「積極的に人とのつながりを自らもつ」性格に変わっていったのはこの頃だ。

 

―出会いの縁を広げてー

 広大時代は、とにかく目一杯やりたいことをやった。勉強、部活のラクロス、アルバイト。ラクロスでは山口、岡山、四国など幅広い地域の他大学の学生ともつながりができた。せっかくできたその新しい縁が途切れないよう、積極的に関わりを持ち続けるようになっていた

 

 たまたま雑誌で読んだ嵐の二宮くんのインタビューがとても心に残っているそうだ。

「人も物も仕事も全て『縁』。出会えたのも縁。別れたのはきっと縁がなかったから。でも、一度別れてしまっても縁があればきっとまた会える」

 

 学部四年生の時に、指導を受けていた広大の教授が東大の教授に異動になった。宮本さんは先生を追いかけて東大へ行くことを決心する。研究対象はPM2.5と黄砂などエアロゾルと呼ばれる大気中の微粒子だ。地球環境や人体に様々な影響を与えるエアロゾルが、アジア圏さらには地球全体にどのような影響があるかを解明することを目指し、研究している。

 

 「東大の大学院に進学して上京したことは、私の人生での第二の転機となりました。上京してからのこの三年間は、これまでと比較にならないほどのスパンで新たなものや人に出会っているように感じます」

 

 そうした新しく出会ったものの一つが「柏の葉サイエンスエデュケーションラボKSEL)」だ。

 

―科学で地域活性化!ー

 「柏の葉サイエンスエデュケーションラボ」は、2010年に東大の柏キャンパス院生が、

「科学を通して地元の人と交流し地域を活性化したい」と始めた活動だ。現在では、イベントに参加してくれた人たちの中から会の運営に携わってくれる人も現れ、学生と合わせて20人ほどで活動している。昨年から宮本さんはその学生メンバーの代表になった。

 

 「私は広大時代にも、所属専攻が主催していた『サイエンスカフェ』のスタッフを経験していました。同じような活動がないかと、上京後にパソコンで検索してたまたま見つけたのが『柏の葉サイエンスエデュケーションラボ』でした。東京での、こういった活動を行う団体やイベントの多さには驚きました」

 

 KSELの活動の一つが、「理科の修学旅行 」だ。小3〜小6ぐらいの子どもたちを、20人から多い時には40人ほど、10名ほどのスタッフで、一泊ないしは二泊で山や海に連れていく。

 

 「子どもたちの好奇心に合わせてスタッフは走り回ります。基本的には自由研究で、子どもたちは自分で課題を設定して自分で研究します。中には帰宅後も家で研究を継続する子どももいます」

 

 「今年の夏も修学旅行するよ!」と宣言したら、子どもたちの眼がいっせいにキラキラしてとても嬉しかった、と宮本さん。

夏の修学旅行、集合写真

 

 

KSELでは、更に手作りの科学館「Exedra(エクセドラ)」を開館した。エクセドラとは、古代ローマ時代、貴族の舘の中庭にあった皆で座れる円形の椅子のこと。「科学に気楽に触れて語れる場所をつくりたい」というスタッフの想いから名付けた。宮本さんは副館長を務める。

 

 大家さんのご厚意で6室のアパートを無料で提供いただき、それをメンバーたちがDIYで改装。クラウドファンディングで目標額だった約60万円を寄付で集め、トイレ、水道を使えるようにした。水道工事は技術を持つ社会人スタッフが協力してくれた。科学館は今も改修工事続行中。宮本さんは、ほぼ毎週末、柏に出かけている。ありがたいことにメディアの取材も増え、つい最近では韓国のテレビ番組でも紹介された。

 

 10年後は地元神戸でも科学のコミュニケーション団体を作りたい。科学への好奇心を大人にも子どもにも広め、そのことで地域活性化の一翼を担いたいと思い描いている。

 

Exedra 館内の様子

 

 「長田時代は、とにかく朝から晩まで部活の水泳に打ち込む毎日でした。あの3年間以上に必死になってがんばったことは未だないような気がします。ちょっとくじけそうになった時や怠け心が出た時、当時を思い出すと『まだまだ頑張れる』と思います。高校時代は、自分の好きなこと、大切だと思えることに一生懸命に取り組んでください。その一生懸命さや自分の興味関心が、今はまだはっきりみえない未来を形づくって行くと思います。そして、その中で出会えた人を大切にしてください。人は何よりの財産だと、私は思います」

 

宮本さんから現役長田生へのアドバイスだ。(2018年5月 取材・写真・文 田中直美)

 

編集後記

 宮本さんたちが利用したクラウドファンディングは、偶然にも「Face to Face」No45

http://nagata-tokyo.jugem.jp/?eid=119 で紹介した富澤由佳さんが勤めるREADYFORでした。「Face to Face」の記事を読んで、先輩が務める会社だったと知ったそうです。

 また、No.70でご紹介した上杉さんhttp://nagata-tokyo.jugem.jp/?eid=174 とは同じ62回生の水泳部ですが、卒業以来、なかなか会う機会がなかったそうです。今回、この取材がきっかけで「久しぶりに連絡を取りランチしたいねと盛り上がりました 」と嬉しそうに話してくれた宮本さん。「縁」がどんどんつながり、若い世代のOBが新しい何かを造り出してくれそうで嬉しいインタビューとなりました。

 

 

| comments(1)|
藤野 卓而 (2018/05/21 2:07 PM)
地球規模のスケールで東奔西走をしてください。









url: http://nagata-tokyo.jugem.jp/trackback/179