長田高校/神撫会東京の広場

兵庫県立第三神戸中学・長田高校OB・OG会
神撫会東京支部について
「Face To Face」:OB紹介(バックナンバー一覧)
神撫会東京支部へのご登録
神撫会東京支部 Topへもどる
リンク
創立100周年記念 東京支部企画
兵庫県が「出会い」をサポート
SEARCH
<< Face To Face No.69「挫折と挑戦」 | main | Face To Face No.71「次の世に花開くものを見極める」 >>
Face To Face No.70「誰かの役に立つ喜び」

 高62回生 上杉絢郁(あやか)

 舞子中学

 水泳部マネージャー

 慶応義塾大学総合政策学部

 JR東海 人事部

 

 

 

―走るマネさんー 

 とにかく、水泳部のマネージャーとして全力を尽くした長田時代だった。

 

 放課後の練習は、選手たちの練習メニューをマネージャーがホワイトボードに書くことから始まる。

 

 メニューを決めるのは、顧問をされていた谷川先生と明部先生。上杉さんは、お昼休みになると職員室に飛んで行き、とにかく先生がメニューを作ってくれるまで粘った。「メニューを作らないと、上杉は帰ってくれないからなあ」と苦笑しながら先生は作って下さる。このために上杉さんは毎日お弁当を午前中に早弁し、選手が放課後の練習をすぐに始められるよう備えた。

 

 マネージャーの最も大切な仕事は選手たちのタイムの測定だ。25mプールのスタート地点でじっと立ったまま測定しても、おおまかなタイムは測定できる。だが、それではターンのタイミングは水しぶきで判断するしかなく、壁にタッチした瞬間で計測される実際の競技とは微妙にずれる。

 

水泳は、選手のひとかきひと蹴りがタイムに影響を与える繊細なスポーツ。何秒で25m地点を折り返したかを選手自身が正確に知ることが練習にはとても重要になる。そのため、上杉さんは得意なダッシュを武器にプールサイドを走り、壁にタッチした時間を正確に計測した。 夏の一日練習では、上杉さんがプールサイドを走る距離は数キロにも及び、たくさん転んで、足は傷だらけになったと言う。

 

 タイム計測と同時に、練習中の選手に泳ぎだしのタイミングを伝える仕事もこなさなくてはいけないが、これをタイム計測と同時にこなすのが難しい。練習はレベル別の基準タイムをもとに進められる。たとえば、A,B,Cのグループで、それぞれの基準タイムが35秒、40秒、45秒だとすると、それぞれ35秒、40秒、45秒おきに選手が泳ぎ始める。選手の横を小走りに走りながらタイムをとり、さらに、その基準タイムには声を出して次の泳ぎ始めのタイミングを知らせる。

 

 最初はストップウオッチ1個から始め、最終的には、時間計測用のストップウオッチ3個、タイム用のストップウオッチ3個の計6個を持って走り回った。

 

 「走るマネさん」と選手たちから慕われ、大事な試合では「一緒についてきてほしい」と選手から声をかけられた。その時の嬉しさは忘れられない。

 

―学生トレーナーー

 大学入試の進路では、初めて親に逆らって自分の意志を通した。地元の国立大学に行って欲しいと言う両親の希望には添わずに、東京の私立大学を選んだのだ。

 

 長田の「情報」の授業で新鮮な驚きを感じ、ぜひプログラミングを勉強したいと思った。だが、文系でプログラミングが学べるのは、当時は慶應義塾大学だけだったのだ。

 

 両親の反対を押し切った形の上京だったため、両親の援助を頼らず自活することとなった。最初に東京に出て来たときは、「冷蔵庫も洗濯機もなくて、部屋は真っ白な小さな箱でした」。アルバイトして少しずつ揃えていけばいい!そう考えていた。

 

 大学一年生の時は、アルティメットサークル(フライングディスクを使った競技)でプレーヤーとして活動していたが、長田高校での「人を支える喜び」の経験が忘れられず、競走部(慶應では陸上部のことをこう呼ぶ)にマネージャーとして入部する。

 

 当時の競走部は、後にリオ五輪で銀メダリストになった山縣亮太選手や、リオパラリンピックで100メートル、200メートル、幅跳びに出場した高桑早生選手も在籍していた。

選手のサポートをお願いしていたプロの女性トレーナーはいたが、140名の選手全てを管理することは厳しく、怪我が絶えなかった。

 

 「他校にはある学生トレーナー制度を確立して、なんとしても、怪我をしないで選手たちを試合に出させてあげたい」上杉さんは、同期の男子部員と共に、「学生トレーナー制度」を立ち上げることを決意する。

 

 最初は紙ファイルで140名の身体や怪我の様子を管理していたが、より管理しやすいシステムとして、怪我の記録、筋肉の動きを計測した数値、食事の記録をタブレットで簡単に入力できるようにした。

 

そして、学生トレーナー制度を後輩に受け継いでいくための教材も作成した。少なくとも10年は続く体制を作り上げたかったから。卒業後も上杉さんとご同期が立ち上げた学生トレーナー制度は継続し、設立から7年目に突入している。

 

 最後の引退試合でサポートしたトレーナたち

 

JR東海ー

 現在、上杉さんはJR東海の人事部で働き、採用担当として日本中を飛び回っている。祖父は、一生を国鉄にささげ、こだま0系の開発に尽力した人だった。祖父危篤の報に新幹線に飛び乗った上杉さんは、「おじいちゃんが作った新幹線のおかげで間に合ったよ」と心の中でつぶやいた。こうして今自分がJR東海で働いていることを祖父は知らずに亡くなったが、何かご縁があったのかなと思っている。

 

 上杉さんが、今一番尊敬しているのが、先輩の新幹線運転士さん。「常に相手以上に相手の立場に立って、思いやりのある言動のできる人です」

高校や大学での経験を通じて、人を支えることの楽しさを実感した。自分がどんな立場に立っても人の心を温められる、そんな大人になっていきたいと思っている。

 

 「今を全力で楽しんで、長田高校で起こる人との出会いを大切にしてください。今しかできないことや、今しかできない繋がりを大切にしたその先に、きっと皆さんが目標とする誰かや、なしとげたい何かが待っていると思います」上杉さんから現役長田生へのメッセージだ。(20182月 取材・文・写真 田中直美)

 

編集後記

 インタビューの終わった後の雑談で、「『Face to Face』の取材って楽しそうですねえ」と上杉さん。「めっちゃ楽しいですよ!一対一で深いお話をしっかり聞くことができるし、なんでも質問できる」と私。「私もやってみたいなあ」「大歓迎!どんどんライターとして参加してください!」

 

 という訳で、上杉絢郁さんにも、これから記者として登場していただくかもしれません。もし、オファーが来たときには、このかわいい後輩をよろしくお願いします!そして、引き続き、私のこともよろしくお願いいたします。

 

 

■■■
「Face to Face」今までの記事一覧へ

http://nagata-tokyo.jugem.jp/?eid=54

 

facebookでシェアして長田OBに広めていただけると嬉しいです。28回生 田中直美

 

 

 

 

| comments(6)|
田中 直美 (2018/02/22 5:18 PM)
仲先輩、荒木くん お二人の取材後の進展も、いつかまた伺いたいです。取材させていただいた方々は、みなさん常に変化・前進しておいでです。
上杉 (2018/02/22 2:20 PM)
長田の先輩方に暖かいコメントを多数頂き光栄です。

>仲 誠一 さま
ありがとうございます!
アドバイスいただいた通り、これからも繋がりをより一層大切にして参りたいと思います!

>荒木さま
受験までは両親の意見に反対したことが一度もなかったので、あの時ばかりは勇気がいって声が震えていましたが、今ではその決断をして良かったな。としみじみ思っております。
私も、似た境遇の方がいらっしゃると知れただけでも大変嬉しいです!!

>長谷川隆士 さま
こちらこそ、コメントいただきありがとうございます!

>fujino さま
ありがとうございます!
まだまだ人として未熟な部分ばかりですので、今後も精進してまいります!
仲 誠一 (2018/02/21 11:44 PM)
私も「今しかできなことは、その時にやってきました。今しかできない繋がりは大切にしてきました。そうした結果繋がりの輪は、どんどん大きくなってきています。取材いただいた田中直美さんも大事な大事な友人の一人です。
 
 常に前向きにチャレンジすることは、年齢に関係なく一番重要なことと思います。
荒木 (2018/02/21 9:43 PM)
両親の反対を押し切って東京の私学に、、のところでおや、そんな人が私の他にもいたのか、、と、ピクッと反応してしまいました。

人の役に立てる、というのは嬉しいことで、仕事であっても、そうでなくても、とても自分自身が幸せを感じれる、という点で、素晴らしい良い生き方と思います。

こんなに若くて元気な後輩さんが頑張ってくれるてるのは、嬉しい限りですね。これからも上杉さん、頑張ってください。あ、田中さんも、ますますご健勝で!
長谷川隆士 (2018/02/21 8:23 PM)
ありがとうございました。
fujino (2018/02/21 2:42 PM)
言行一致の信念をもっていってください。









url: http://nagata-tokyo.jugem.jp/trackback/174