長田高校/神撫会東京の広場

兵庫県立第三神戸中学・長田高校OB・OG会
神撫会東京支部について
「Face To Face」:OB紹介(バックナンバー一覧)
神撫会東京支部へのご登録
神撫会東京支部 Topへもどる
リンク
創立100周年記念 東京支部企画
兵庫県が「出会い」をサポート
SEARCH
<< スペインでは超有名人!ギター&ドルサイナ奏者“ヒロ〜シ”の東京凱旋コンサート | main | Face To Face No.70「誰かの役に立つ喜び」 >>
Face To Face No.69「挫折と挑戦」

 高19回生 竹添昇

 垂水東中卒

 ESS

 鳥取大学農学部卒

 日本ハム代表取締役社長(2014年)

 

 

 2014年まで、日本ハムの代表取締役社長を務めていた竹添さんは、慣例には従わず会長の席には就かなかった。いさぎよく引退。現在は体重も7キロ落として40年前の体重に戻った。身も心も軽くなって孫と過ごし、ギターの弾き語りの腕を磨く。第二の人生を謳歌している竹添さんだが、その半生は「挫折と挑戦の繰り返しだった」と言う。

 

―ハムレットー

 「竹添君、今のままではあかんよ。何か得意なもんみつけなさい」。高校一年生の時、担任の先生にそう声をかけられたことがESSに入部したきっかけだ。中学時代から英語が得意だったが、長田の先輩が演ずる英語劇「ヴェニスの商人」を観て「これだ!」と入部。2年生時、シナリオリーディングのコンテスト出場で主役のハムレットに抜擢され、がぜんやる気に火がついた。幼少の頃よりシャイだった竹添さんだが、大声を出せるよう、夏休み中は校庭で発声練習。そして、最優秀男優賞を受賞。これがきっかけで人前でも大声が出せるように変わった。

 

 だが、なにより学んだことは「ハーモニー」の大切さだ。一人で劇はできない。一人が目立ってもいけない。「調和の大切さ」にも気付いた高校時代だった。

 

TMC

 得意の英語を生かしたくて外大を受験したが失敗。予備校に通う中、理転して農学部に進んだ。ここで入部した「軽音楽部」で積んだ経験が人生の第一のターニングポイントとなった、と竹添さん。

 

 英語の発音には自信のあった竹添さんはヴォーカルをつとめた。毎年、市民会館の音楽ホールで定期演奏会が開かれ、大勢の観客の前でしゃべりを入れながら演奏する。

 

 「観客の顔が見えるんですね。何を話したら、どんなアクションしたら受けるか、直に感じられる。この時に体得したコミュニケーション能力が、後の会社生活に役立ちました」

 

 仲間とは何度も喧嘩したが、活動は最後まで続いた。TMC(チームワーク・メンバーシップ・コミュニケーション)。これが大学時代の音楽活動で得た大きな財産だ。

 

 音楽活動に力を入れ過ぎた竹添さんは就職活動に出遅れてしまった。みかねた研究室の教授が薦めてくれたのが日本ハムだ。まさか社長になろうとは考えてもいなかったが、これが運命の始まりだった。

 

―入社26年目の大転換ー

 「僕は、なぜか最初は希望していたものを『ダメ』とはねられてしまうんですよね」

 

農学部出身の竹添さんは研究室を希望していたが、配属はルート営業だった。配達と集金。マンネリ化した仕事に面白みはあまり感じられない。主任になったのも同期の中で一番遅かった。だが、自ら新規顧客開拓部門に異動を願い出た。入社して10年目の1981年には、大学で研究した食品化学の専門知識を生かせる取引先を任せてもらえ、ヒット商品の開発にも成功する。同じ年、日本ハムファイターズがリーグ初優勝で売り上げも爆発的にアップ。幸運だった。このまま営業の叩き上げで定年を迎えると思っていた時、まったくの畑違いである管理部門である統轄室に異動になった。竹添さんが50歳の時だ。

 

50歳の学び直しー

 「まず、財務諸表の壁にぶちあたりました。BS(貸借対照表)もPL(損益計算書)も何のことかさっぱり分からない。密かにビジネススクールに通い、30代の若者に交じって経営戦略を独学しました」。

 

マーケティング、ブランディング、経営戦略。仕事を終えた後、夜間の授業に通った。「今思えば、楽しかったですね」。学んだ知識を生かして経営企画部門を担当。経営計画策定や新規事業立ち上げを行った。

 

その4年後、日本ハムを激震が襲う。日本ハムグループ子会社が「牛肉偽装事件」を起こしたのだ。

 

―再生ー

 取引先からは取引停止を、行政からは営業自粛処分を受け、会社は存亡の危機に陥る。

 

 「会社を変えてやる!会社を必ず再生して見せる!」そう決意した竹添さんは、たった一人で対策本部を立ち上げ、各部門から若手を引き抜いて、会社再生の責任者となった。

 

 この時、竹添さんは、長田ESS時代の辛い英語劇の練習や、大学時代のバンドで培ったメンバーシップを思い出し、不思議と悲壮感はなかったと言う。

 

 この再生劇は、過去、ビジネススクールのケーススタディにもなったほどである。

 

 閉鎖的組織の撤廃と業績至上主義の解消に没頭した後は、ブランディングを実施。関係会社90社、28,000人の従業員全てが価値観を共有するグループブランドを策定。ブランドステートメント「人輝く、食の未来」を社内外に発表しグループの求心力を高めていった。

 

 続く2006年からの3年間は構造改革に着手すると共に、品質NO1をめざし品質の保証体制を確立、2009年からの3年間は副社長として、事業の選択と集中をより積極化、財務体制の強化に乗り出した。食肉の飼育・処理加工・物流・開発・営業・お客様サービスまでの一貫した事業の垂直統合も完成させた。

 

 2012年に代表取締役社長に就任した後は、守りの経営から攻めの経営へ。食肉業界では、初めて株主重視のROE経営を宣言。就任中に株価を三倍にした。

 

 「米国・欧州・アジアを往復しての、海外投資家向けの広報活動では、長田ESS時代の英語能力が活かされました」

 

―道ー

 大学入試では、得意の英語の道に進めなかった。就職活動も出遅れた。希望だった研究職には就けず営業に回された。50歳にして突然、畑違いの部署に異動、そして会社の存続をゆるがす不祥事の発覚。

 

 平坦とは言い難い道だったが、モットーは「言い出したものがやる、先ず自分がやる」という意味の「先ず隗より始めよ」

 

 「いつかまた人前で歌うことを目指して、密かにギターの弾き語りのレッスンを続けている」竹添さん。その歌声を聴いてみたくなりました。(20181月 取材・文 田中直美)

 

編集後記

 竹添さんは、インタビューの間中、とても静かな声で、丁寧に分かりやすくお話してくださいました。人前で大声を出し、強烈なリーダーシップを発揮していたであろう社長というよりは、シャイだったという少年時代を彷彿とさせられます。いつもはカメラを持参して現在のお写真を掲載するのですが、今回はカメラを忘れ、竹添さんが現役時代のお写真をお借りしました。プロフィール写真とギターを弾く竹添さん。その雰囲気の違いに注目してくださいね!

 

 

■■■
「Face to Face」今までの記事一覧へ

http://nagata-tokyo.jugem.jp/?eid=54

 

facebookでシェアして長田OBに広めていただけると嬉しいです。28回生 田中直美

 

 

 

 

 

| comments(2)|
田中 直美 (2018/01/23 11:16 PM)
水草さん、楽しんでいただけて嬉しいです。先輩の活躍、嬉しいですね!
水草修治 (2018/01/23 4:47 PM)
やーワクワクして読みました。ありがとうございます。









url: http://nagata-tokyo.jugem.jp/trackback/173