長田高校/神撫会東京の広場

兵庫県立第三神戸中学・長田高校OB・OG会
神撫会東京支部について
「Face To Face」:OB紹介(バックナンバー一覧)
神撫会東京支部へのご登録
神撫会東京支部 Topへもどる
リンク
創立100周年記念 東京支部企画
兵庫県が「出会い」をサポート
SEARCH
<< Real Face to Face | main | 「Face To Face」NO.56「NEXT ONE」 >>
「Face To Face」NO.55「叩けよさらば開かれん」

 高34回生 佐藤絵里

 白川台中学卒

 

 家庭科部

 ユースホステル部

 行政書士

 日本カレーパン協会会長

 

CAから行政書士へー

 CA になる。佐藤さんは、長田時代から友人たちにそう宣言していた。CAの華やかさに憧れていたのではない。「おとなしくて、どちらかというと目立たない生徒だったと思います」。親から独立して経済的に自立することが第一の目的だった。

 

 当時のCAは女性の花型職業。卒業した短期大学からは100名以上が同じ航空会社を受験したが、合格したのは数名という超難関だった。時はバブル絶頂期。仕事はハードだが、世界中を見て歩けた。滞在地では、なるべく現地の人の生の生活が見えるような場所を、一人でどんどんウロウロ。ドアのないバスにも乗ったし、ソ連のペレストロイカ時代のモスクワで見た、庶民の生活の急変も忘れられない。

 

 だが、佐藤さんは10年間で、あっさりとCAの職を辞めてしまう。「CAは体力的にとてもハードな職業です。一生の仕事とは最初から考えてはいませんでした。飛行時間1万時間を目指していましたが、7500時間で辞めました。CAをしているだけでは見えないもっと広い世間というものを見たくなったのです」

 

 しばらくの間は、好奇心のおもむくままにいろんな仕事にチャレンジした。面白かったのはエキストラ。映画「スーパーの女」では、実は買い物客の役で出演している。派遣会社に登録して引っ越し屋さんで働いたときは、重い家具や冷蔵庫も男性社員と共に運んだし、TOEICの試験監督も務めた。

 

 やがて、司法書士の事務所で働きだした佐藤さんは「自分には、机の前でひたすら書類を作る仕事より、外回りの多い行政書士の仕事が向いているのではないか?」と考えて資格を取得。2年前に行政書士として独立した。現在はNPOライフサポート東京にも所属し、主に認知症の人の成年後見の仕事を請け負っている。

 

 CA時代に培った「誰とでもうまくコミュニケーションをとれるスキル」が今の仕事にも役立っていると思う。仕事はいそがしく、お昼を食べる暇もなく飛び回っている。基本、一日2食。朝食は、この10年間、毎朝、カレーパン。実は、これが佐藤さんの第二の顔なのだ。

 

―日本カレーパン協会会長―

 

 日本カレーパン協会なるものがある。今年4月に、民放の人気番組「マツコの知らない世界」に登場した「日本カレーパン協会会長」が、なんと佐藤さんだ。

 

 「10年ほど前にブログを始めました。食べ物のネタであれば書きやすいし、検索したら「カレーパン」だけのブログはなかった。だれも書いていない。これだ!って思いました」

 

 佐藤さんはもともと甘いものが苦手。小腹がすいたときに食べるカレーパンが大好きだった。CA時代も、日本からこっそり持ち込んだカレーパンを海外のホテルで食べたりしていたほど。

 

 週末は、パン屋さん巡りをして一週間分のカレーパンを買ってくる。帰宅したら、まず、いつものお気に入りのお皿に載せてブログ用に写真撮影。その後、一つ一つラップに包んで冷凍。そして、それを毎朝一つずついただく。10年間で4000個以上。同じものは食べていない。

 

 「毎朝、その時間がとっても幸せ。揚げてあるものは、まず少しレンジで解凍してからオーブントースターで焼きます。焼いてあるものはレンジだけで美味しい物も。どうやったら、冷凍したカレーパンが一番おいしく復活するか、それを考えるのも楽しいですね」

 

 先日は、二子玉川でカレーパンのイベントを主催した。東急沿線のパン屋さんから100種類以上、5000個のカレーパンを用意した。お店側には一切の負担をかけないように、集荷も販売もカレーパン協会のメンバーが執り行う。一人5個までと制限していたが、1000人のお客様が列をなし、わずか30分で売り切れてしまった。

 

 イベントは、まだ東京と名古屋でしか開催していない。それを全国に広げ、将来的には海外にも広めたい。「カレーパンは、世界中どこを探しても日本にしかないんです。ぜひ、カレーパンの魅力を世界中に広めたい」

 

 佐藤さんの座右の銘は「叩けよさらば開かれん」。「私はキリスト教徒ではありませんが、積極的に努力すれば必ず目的を達成することができる、という意味で、昔から好きな言葉です」。

 

 行政書士として飛び回って仕事をし、週末にはカレーパンを求めてパン屋さん巡り。憂鬱だった長田の体育で鍛えたパワーが役立っています、と笑う佐藤さんでした。

 

 

編集後記

 日本カレーパン協会のHPを見てください。そのユーモアのセンスとカレーパンラブの力にびっくりすること受け合い。http://www.currypan.jp/

 私も取材ではカレーパンをいただきました。

 

佐藤さんのブログ:「カレーパン大好き」http://tougarashi7.seesaa.net/

 

■■■
「Face to Face」今までの記事一覧へ

http://nagata-tokyo.jugem.jp/?eid=54


facebookでシェアしていただけると嬉しいです。

 

 

| comments(8)|
田中直美 (2016/11/28 9:51 PM)
mizukusa様
コメントいただいたあと、カレーパンは召し上がれましたか?? ^^)  私はカレーパンも好きですが、実は揚げあんパンに、つい目がいってしまいます(笑)
田中直美 (2016/11/28 9:48 PM)
金丸さま

札幌にお住まいですか?札幌でもイベントが実現するといいですね!
mizukusa (2016/11/24 4:28 PM)
ああ、カレーパン食べたくなりました。
金丸清隆 (2016/11/23 7:52 PM)
日本カレーパン協会さんのイベント、面白いです。

札幌の方はこういうイベントが好きですので、然るべきルートで札幌でやって頂けると、結構集客できると思います。

少ししか見ていませんがウェブサイトも面白いですね。
田中直美 (2016/11/23 7:33 PM)
T.はせがわさま
暖かいコメントありがとうございます。取材する私も、毎回、とても楽しい時間を過ごしています。三中・長田卒業生ばんざい!という気分になります。
田中直美 (2016/11/23 7:31 PM)
藤野さま

コメントありがとうございます。
効用は特にはお聞きしませんでしたが、大好きなカレーパンを食べる朝の幸せの時間そのものが、効用ということだとおもいます ^^)

T.はせがわ (2016/11/23 5:27 PM)
いつも素晴らしい方々の記事を楽しませていただいています。ありがとうございます。
編集される皆様のご苦労も大変なものでしょう。
どうかお体を大切にしてください。80歳翁
藤野 卓而 (2016/11/22 10:35 PM)
面白い職業体験の話です。
カレーパンは好きですが、効用も添えて下さい。









url: http://nagata-tokyo.jugem.jp/trackback/152