長田高校/神撫会東京の広場

兵庫県立第三神戸中学・長田高校OB・OG会
神撫会東京支部について
「Face To Face」:OB紹介(バックナンバー一覧)
神撫会東京支部へのご登録
神撫会東京支部 Topへもどる
リンク
創立100周年記念 東京支部企画
兵庫県が「出会い」をサポート
SEARCH
<< 「Face To Face」NO.54「人生の目的をさがして」 | main | 「Face To Face」NO.55「叩けよさらば開かれん」 >>
Real Face to Face

 

 

 

10月8日(土)、「 Face to Face」連載50回突破記念イベント

「Real Face to Face」を開催しました。

 


 

これまでご登場頂いた方々に実際にお顔合わせいただき

「Face to Face」を一つのきっかけに、これからの同窓会活動を考えよう

という試みで、中22回生の高榎尭さんから高62回生の谷山さんまで

20名の方々と9名のスタッフが新橋に集まりました。

 


 

中22高榎さんのご発声による乾杯の後、

4つのテーブルに分かれて食事をしながらの歓談タイム。

暫くの楽しいおしゃべりに続き

参加者による自己紹介。

 

 

 

名前や出身中学に加え

年長の先輩からは

「珍しく電話が掛かってきたと思えば

お墓のセールス、しかも自動音声だった」

などの近況もユーモアたっぷりに披露されました。

 

 

 

 

その後、再び各テーブルで

「同窓会の在り方、長田高校の未来のために

何ができるか」についてディスカッションが行われました。


 

 

 

そして、最後はお決まり!全員で校歌を熱唱してお開きとなりました。

年齢も活躍分野も違う、普通なら出会うこともなかったかもしれない方々と、

同窓生という絆で結ばれ、またその縁を広げていく。

同窓会の素晴らしさを深く味わったひと時でした。

 

 

「Face to Face」担当記者 28回生田中直美さんに一言インタビュー

 

 

・出身中学は?

 歌敷山中学校

・取材対象者はどうやって選ばれるの?

 神撫会東京支部総会でお目にかかった方や、推薦をいただいた人の中から、学年や男女がなるべく偏らないようにお話を伺っています。

・取材を続けている中で嬉しかったことは?

 インタビューの後に、その後の近況などをお知らせいただけると嬉しいですね。また、記事がきっかけで思わぬ出会いが生まれたりのご報告をいただくと、やって良かったなあと思います。

・これからの「Face to Face」について

 いわゆる「成功した」人ではなく、豊かな人柄、ユニークな活動、楽しいエピソードなどから長田らしさをご紹介できたらいいなと考えています。 

 

(32回生 大寺佳子 記)

 

 

 

 

| comments(4)|
田中直美 (2016/10/18 10:33 AM)
すごい体力に感服です。お写真お待ちしています!
石田幸司 (2016/10/18 8:06 AM)
田中直美さま、当中南米は、一回の旅程です。問題は高山病で、ボリビアの4000m高地を如何に歩くかです。確かに、南北アメリカは広い大陸です。2014年に、イグアスの滝⇒マチュピチュ遺跡⇒パナマ⇒ドミニカ共和国を探訪し、今回は、その完結編です。また、写真でも送りますね!
田中直美 (2016/10/18 7:34 AM)
石田さま。お久しぶりです!コメントありがとうございました。来年、上記の世界遺産をまさか一回の旅程でこなすのですか??それとも何回かに分けて?いずれにせよ、私は南米・カナダにしか行ったことのない身。その広大さにくらくらします。こっそり旅日記を送ってくださいね!待っています。
石田幸司 (2016/10/18 6:53 AM)
田中直美さま、「Face to FaceコードNo.47」の石田(高19回生)です。この度は、「第1回 Real Face to Face」の開催を、遠く神戸は、森林植物園近くのローカル・アーバン・リゾートよりお喜び申し上げます。(そんなエエ所か?)Intervieweeは、世知に長けた老若男女、嘸かし、ご苦労が、多々あったかとお察し致します。今後とも、「長田高校卒らしからぬ人物」の取り上げもよろしくお願いします。さて、当方は、相も変わらず「お気楽人生」を送っています。来年になりますが、「100世界遺産の旅」も「絶景探訪シリーズ」の新企画で、サンフランシスコ(アメリカ)⇒カンクン、グアナファト銀山(メキシコ)⇒ハバナ(キューバ)⇒ガラパゴス諸島、キト(エクアドル)⇒ウユニ塩湖、ポトシ銀山(ボリビア)を歩き、南北アメリカ世界遺産巡りを完結します。あっぱれ!かっぽれ!おめでとさ〜ん。「そして神戸」よりアロハ・オエです。&#9836;









url: トラックバック機能は終了しました。