長田高校/神撫会東京の広場

兵庫県立第三神戸中学・長田高校OB・OG会
神撫会東京支部について
「Face To Face」:OB紹介(バックナンバー一覧)
神撫会東京支部へのご登録
神撫会東京支部 Topへもどる
リンク
創立100周年記念 東京支部企画
兵庫県が「出会い」をサポート
SEARCH
<< ◆2015年度東京支部総会・懇親会◆ | main | NO.39 高62回生 谷山実希 「あきらめなければ夢はかなう」  >>
Face To Face NO.38「まずやってみる」
高60回生 谷山雅美

平野中学卒

吹奏楽部

大阪市立大学・大学院卒

教育系企業
 

―無花果(いちじく)ー

 新入生が入学してまもない5月に開催される長田の文化祭。初めての文化祭で三年生の貞方さん(http://nagata-tokyo.jugem.jp/?eid=87)のバンド演奏を見た雅美さんは、「かっこいい!私もやりたい!」とあこがれた。

 さっそく、友人に声をかけて始めたのが、「無花果」だ。メンバーは全員女子。それぞれが、吹奏楽部、写真部、テニス部と、部活動との2足のわらじ。練習は部活が終わった後、名谷のスタジオを借りて夜の8時からスタート。ハードな生活だったけど、本当に楽しかった。

 

 「私の青春は?と聞かれたら、間違いなくこの『無花果』としての活動だと答えます」
 

 オリジナルの曲もたくさん作り、皆で編曲・演奏した。
「中でも一番の思い出は、浴衣を短く着こなし、文化祭のステージで演奏したこと。校舎から顔を出して応援してくれた人や、最前列で一緒に盛り上げてくれた人。あの光景は絶対に忘れないと思います」


 無花果の仲間たち    

 文化祭。ゆかたでのステージ

 二階にたくさんの観客の姿が見える。
 

―買い食い

 とん吉のラーメン、鬼平のじゃが串、セブンイレブンのおでん。部活帰りの寄り道や買い食いも忘れられない青春の一コマだ。

 

 「バレンタインデーには、チョコを渡しに行くと言う友人を待ちかまえ、『どうだった?どうだった?』(笑)。テスト前には、みんなが『あかん〜。まだ何にもしてない〜』で、ちょっと安心」
 

「一度、物理のテストがほんとにむずかしくて『きっと0点だ〜』とお互い大騒ぎにしていたら、本当に0点の子がいて大笑いしたり」
 

 恋愛・部活・勉強。いろんな話をしながら下校した。 

「そして家に帰ったら普通にごはんを食べていた自分がおそろしい(笑)。太らなかったのは周回走のおかげかな?周回走に感謝です」

 

―浪人時代ー

 だが、青春を謳歌しすぎた雅美さんは一浪。その時の一年間が、自分にとっては最も厳しい一年だったと振り返る。

 

 「その頃流行っていたSNSのmixiのアカウントも削除。茶髪色だった髪も黒くして勉強以外のことはほとんど何もしませんでした。そこまでがんばったにも関わらず、めざしていた獣医学科の試験には失敗。大泣きしたことを覚えています。でも、この経験を通して、自分ががんばったと自信を持って言えるまでやることの大切さを実感しました。この一年がんばり通したことが今も自信になっています」
 

―仕事―

 大学・大学院時代には、個別指導塾のアルバイトを6年間続けた。まず、生徒の話をじっくり聞く。決して否定しない。そして、どうしたら良いのか一緒に考える。分からなかった問題が解けるようになった時の子どもの笑顔。テストの点がアップした時の嬉しそうな顔。やがて、その子どもたちの笑顔が大好きな自分を発見した。

 

「もっと多くの子どもたちに、この嬉しさを味あわせてあげたい」。そう思って今の会社に就職を決めた。
 

 雅美さんは、今年の4月に入社したばかりの新入社員。やっと研修が終わったところだ。今は、中学生に勉強の仕方や生活のマネジメントを提案する冊子の編集に携わっている。住まいは社員寮。自炊。そして、同期の仲間で新しくバンドを組んだ。
 

―変化―

「私は、中学生ぐらいまでは、くよくよ考えてひきずったり、いつまでもスネてみたりする子どもでした。でも高校生になった時に、それじゃもったいない!って気づいたんです。今は、嫌なことがあっても寝たら忘れ、常にプラス思考。そしてモットーは『まずやってみる!』です」。

 

 大学受験、大学院入試、就職。両親はいつも「雅美の好きなようにやり」と言葉をかけてくれた。「いつも私を信じ、私のやりたいことをさせてくれる両親には本当に感謝しています」と笑顔のかわいい雅美さんでした。
 

―編集後記―

 雅美さんには二つ違いの妹・実希(みき)さんがいる。共に長田の卒業生だが、二人の個性は全く違う。8月にはその実希さんにご登場いただきます。

 「性格や好みは全く違うけど、頼られるとやっぱり放っておけない。私のマネをしていることもあり、それを見ると『妹なんだな』とかわいく思います」。

 

 8月号もお楽しみに!(2015年7月 取材・写真・文 田中直美)

 

「Face to Face」今までの記事一覧へ
 http://nagata-tokyo.jugem.jp/?eid=54

 
facebookでシェアしていただけると嬉しいです。

 

| comments(3)|
藤野 卓而 (2015/08/09 5:03 PM)
からっとした内容で良いコンテンツだと思います。
社会人流に良く遊び良く学んで航路を進めてください。
naomi (2015/07/15 8:28 PM)
高榎先輩、お久しぶりです!長田女子は年代を問わず、皆さん本当に魅力的な方ばかりです。
ぜひ、来年はいらしてくださいね!バイオリンの披露も??(^−^)
高榎(中22回) (2015/07/09 8:52 PM)
雅美さんも一浪(私も一浪)さわやかですね。毎回楽しみにしています。支部総会の写真も拝見。永田高はさすがに美人ぞろい!来年はぜひ行かなくちゃ!?









url: http://nagata-tokyo.jugem.jp/trackback/110