長田高校/神撫会東京の広場

兵庫県立第三神戸中学・長田高校OB・OG会
神撫会東京支部について
「Face To Face」:OB紹介(バックナンバー一覧)
神撫会東京支部へのご登録
神撫会東京支部 Topへもどる
リンク
創立100周年記念 東京支部企画
兵庫県が「出会い」をサポート
SEARCH
<< Face To Face NO.35 「なんとかなるやろ!」今年度総会担当40回生ご紹介 | main | Face To Face NO.37「妥協しない。信ずるところを貫く」 >>
Face To Face NO.36「おもしろい会社」をつくったる!
 

 高36回生 山中勧
 

 白川台中学校卒
 剣道部、生徒会副会長

 慶応大学法学部
 伊藤忠商事株式会社
 

 伍魚福 代表取締役社長

 

―AKB48―

 2015年3月27日。霞が関の経済産業省で「がんばる中小企業・小規模事業者300社」の表彰式がとりおこなわれた。山中さんが代表取締役社長を務める「伍魚福」も選定され、神戸から駆け付け出席した。

 

 「伍魚福」は、山中さんのお父さんが昭和30年に設立した創業60年の「おつまみ専門店」だ。

 年商24億。品ぞろえは400種。自社工場は持たず、日本全国にある協力工場100社で「こだわりのオリジナルおつまみ」を伍魚福ブランドで製造・販売する。400種の商品のうち15%を1年で入れ替える。

 

 「まあ、AKB48みたいなもんですな(笑)」。陳列棚のセンターを変えたり、ユニットを組んでみたり。「スマップみたいに、単体でもユニットでもいける!ちゅうのが理想です」。

 表彰式に出席した山中さん








 

―お酒さまー

 答えが分かっていても手も上げられないような人みしりの少年だったが、小学校3年生の担任だったベテランの男先生にほめられたのがきっかけで、変身。中学2年生では生徒会長に。長田では副会長を務めた。「朝の朝礼司会では、遅刻が多くて困ってました。新学年が始まると、中学から上がってきたばかりの新一年生たちは、まじめに整列する。チャンス到来と『前にならえ!』ってやってみた。そしたら、上級学年も時間を守って整列するようになって、嬉しかったなあ」。と長田時代を思い出す。

 

 東京の私大に進み、総合商社に就職した。入社3年目に結婚した妻は、長田時代の同級生だ。

 「もともと年賀状のやりとりはしていました。僕が大学に行ってからはそれが自然と『文通』に移行。まあ、自分で言うのもなんですが、あの頃は純情やった」。いつどんな風にプロポーズしたのかは覚えてないとか。

 結婚式では、当時の伊藤忠商事で恒例の「お酒さま」という儀式で、これまた披露宴の途中からは記憶がないそうだ(笑)。「お酒さま」とはふんどし一丁の友人たちが、お酒で新郎の悪行を清めるという余興。三人の子どもに恵まれ、「しとやかだった妻も、すっかりたくましくなりました」と笑顔で言う山中さんだ。

 

 入社当時、法務部だったのを、なんとか営業に変えてほしいと上司に申告しつづけ、女性の下着をつくる部署に異動。とまどったものの、なんとか自分なりに営業できると自信がつきかけた調度その頃、阪神淡路大震災が起きた。
 

―阪神淡路大震災―
 「あの日、たまたま僕も妻もインフルエンザにかかり、実家の母に、堺市の僕の自宅へ看病に来てもらっていたのです」。

 

 須磨区にあった双方の実家の安全を電話で確認したあと、熱があるのも忘れてテレビの画面にくぎ付けになった。長田で起きた火災は夜になっても延焼し続けている。「伍魚福」のある長田区の地名が次々とニュースで流れる。車から持ち出した道路地図に、延焼した地名を鉛筆でなぞって一夜を過ごした。
 

 幸い社屋は火災を逃れたが、その日以来、思い悩んでいたことに結論を出したのは地震発生後、半月だった。上司に「伊藤忠を辞めて、家業をつぎたい」と打ち明けたのだ。無理を言って、営業部への転部をかなえてもらったばかり。心苦しかった。だが、「会社には代わりの人材はいくらでもいる。でも、『伍魚福』に自分の代わりはおらん」と決心した。辞めて20年たつが、当時の仲間は、いまもゴルフコンペに呼んでくれる。「わが社の商品を、景品狙いにしとるんかもしれんけど(笑)」
 

―「TEAM  GOGYOFUKU」―
 自身のことを「ねばり強い」と自己分析する。短気だった父を反面教師に、気も長い。めざすのは「おもしろい会社」。

 

「TEAM GOGYOFUKU」を合言葉に掲げる。全社員が月に2件、パート社員が月に一件、新製品のアイデアを出す。社員は週に3回、パート社員は週に一度、社長宛に150文字程度の業務改善案もメールする。山中さんは、その全てに返事をする。
 

「売り上げを一年365日で割ると、一日に2万人の人が、商品を一パック購入してくださっていることになる。これってほんまにありがたいことやなあと思うんです」。

 従業員も、協力工場も、お客さまも、皆が幸せになれる「伍魚福」でありたい。企業の経営状態を分析する経営品質向上プログラムにとりくんで7年。「まだまだ、道半ばです」。インタビューの後、丸の内のコンビニに自社製品が並んでいるかどうか、さっそく視察に行った山中さんでした。
(取材・文・写真 田中直美2015年5月)

伍魚福のHP


http://www.gogyofuku.co.jp/

 

「Face to Face」今までの記事一覧へ
 http://nagata-tokyo.jugem.jp/?eid=54



 
| comments(0)|









url: http://nagata-tokyo.jugem.jp/trackback/102