長田高校/神撫会東京の広場

兵庫県立第三神戸中学・長田高校OB・OG会
神撫会東京支部について
「Face To Face」:OB紹介(バックナンバー一覧)
神撫会東京支部へのご登録
神撫会東京支部 Topへもどる
リンク
創立100周年記念 東京支部企画
兵庫県が「出会い」をサポート
SEARCH
◆2018年度東京支部総会・懇親会◆

6月9日(土)渋谷東武ホテルにて、18年度神撫会東京支部総会・懇親会が盛大に執り行われました。

今年は私たち43回生が幹事を務めました。今回、初めての試みとして、今までご案内ハガキをお送りしていた方々に加え、神撫会本部の住所録に掲載されている関東圏在住の44回〜69回生302名の方々にも、ご案内ハガキをお送りしました。これにつきましては、神撫会本部ならびに(株)サラトの皆様にも多大なご協力をいただきました。心よりお礼申し上げます。そして、今回の出席者211名のうち40名が43回生より若い人という大変嬉しい結果となりました。

さて、今年の総会テーマは「A mi manera(ア ミ マネーラ)人生を謳おう!」でした。「ここにいる一人ひとりの“私の人生”、“私の生き方”、夢やビジョン。挑戦や挫折。歓びや悲しみ。そんな人生全部を、互いに讃えて、応援し、人生を謳ってしまおう!」という思いが込められています。司会は、43回生を代表して、フジテレビアナウンサー伊藤利尋くんと倉本涼子さんが務めました。

総会は、大塚製薬”ポカリスエット”の長田高校のダンスCMとともに開幕。まずは、テーマである「A mi manera(ア ミ マネーラ)」にふさわしく、スペインのギター音楽にのって南山支部長(高25)が登場しご挨拶。続いて、車谷事務局長(高33)から、年次・会計報告と理事改選の提起が行われ、拍手をもって承認されました。また、会計監査役の松島様(高37)より会計監査報告がありました。その後、来賓の小山校長先生、兵庫県東京事務所の入江所長、神撫会の三宗理事長(高17)からご挨拶を頂きました。また神撫会100周年事業広報委員会の子守委員長(高32)、松原委員(高35)から、神撫会100周年事業のご紹介と協力依頼がありました。

吉地先生紹介その後の懇親会は、今年も出席者最年長毛利公郎さん(中18)の乾杯の御発声からスタート。体験コーナーの一つ目は、長田高校で9年間体育教官を務めた吉地先生のブース。吉地先生は現在、「めぐちゃん指ヨガ」の指導者として全国各地で活動されており、その「めぐちゃん指ヨガ」を来場者にマンツーマンで施術しました。 続いて、体験コーナーの二つ目として、早稲田大学で医療福祉用リハビリロボットを研究している田中英一郎くん(43回生)のブース。広島大学と共同開発した歩行補助ロボット「RE-Gait®」(リゲイト)の体験が行われ、来場者の興味を惹きつけました。 田中くん紹介模擬店ブースでは毎年大好評の「長タコ」が、明石焼きを振舞いました。この収益は100周年事業基金に寄付されます。 今年ならではの楽しい試みとして、司会の伊藤くんが「長タコ」「めぐちゃん指ヨガ」「RE-Gait®」(リゲイト)を周り、現地を実況中継する一幕がありました。舞台上の倉本さんとの掛け合いも絶妙で、まるでニュース番組から飛び出してきたような中継に、会場は盛り上がりました。

藤井さん演奏その後のメインステージ企画では、会場が暗転し、”スペインの笛吹き男”藤井浩さん(高41回)の紹介ムービーが流れ、藤井さんがスペインの民族楽器であるドルサイナを演奏しながら入場。伊藤くんと藤井さんのトークライブでは、藤井さんに、「なぜスペインだったのか」また、「ドルサイナ&ギター奏者になるまでの経緯と、現在の活動」について迫りました。続いて、鈴木美穂さん(高45)のピアノ伴奏により、ドルサイナとギターの演奏を披露し、参加者を魅了しました。

中野さん応援引き続き、中野瞳さん(高61回)を応援するコーナー。中野瞳さんは2020年東京オリンピック出場を目指す走り幅跳びの選手です。高校2年生で日本高校新記録(6m44cm)を樹立後、難病で記録が伸び悩んだ時期を経て見事に復活されました。総会では、中野瞳さんの足跡を辿る紹介ムービーが流れ、伊藤くんが、会場の2箇所にピンを置き、6m44cmの距離をわかりやすく説明してくれました。その後に登場した中野瞳さんは、オリンピックに向けての決意を語り、神撫会東京支部を中心に発足している「中野瞳を応援する会」富澤さん(高61)から具体的な応援方法として、ヾ麌奸↓応援に行く、3Г捻援歌を歌う、の3つが挙げられました。については、中野さんへのサプライズとして応援歌”A mi manera〜神撫の風〜”(作曲:藤井浩さん、作詞:応援する会有志)が贈られ、会場に響く大合唱の中、中野さんが感動して涙ぐむ場面もありました。
(参考:走り幅跳び・中野瞳さんを全力応援! in 2018神撫東京総会)

今年のテーマである「A mi manera(ア ミ マネーラ)」はスペイン語の直訳では「私の人生」ですが、あえて「人生を謳おう!」と併記しました。そこには、「人生はうまくいく時も、うまくいかない時もある。それでもこうして同じ神戸三中、長田高校の門をくぐった仲間が集まれば、自然に笑顔になり、明日への勇気が湧いてくる」というメッセージが込められています。まさに、全員で中野瞳さんの応援歌を歌っている間、会場はエネルギーに満ちあふれ、活力が生まれるのが感じられました。

「A mi manera(ア ミ マネーラ)人生を謳おう!」これは、各方面で活躍する皆さまの一人ひとりへの応援メッセージでもあります。またお目にかかれる日まで、皆様の毎日が、笑顔で満たされる日々でありますように。(43回生 原 恭子)

43回生集合写真
| comments(0)|
◆2016年度東京支部総会・懇親会◆

6月11日渋谷東武ホテルにて、2016年度神撫会東京支部総会・懇親会が盛大に開催されました。今年は甲子園出場がテーマということもあり、出席者は179名という多数を記録。受付では神撫会本部からいただいた応援グッズが配布され、メガホン片手の華やかなオープニング。

 

 

総会では南山支部長(高25)が甲子園をテーマにした懇親会の概要紹介を交えて御挨拶。車谷事務局長(高33)から年間活動報告、会計報告と新任4名を含む理事改選提起が行われ、承認されました。3名の来賓のご挨拶では、今年4月に着任された小山校長先生から、現在の長田生の様子と甲子園出場の盛り上がりを、兵庫県東京事務所の古川所長からは、兵庫県人会の東京での活動内容などをご紹介頂きました。神撫会の三宗理事長からは、甲子園出場の支援に尽力された様子と100周年に向けての新たな活動のお話がありました。

 

そして、最年長参加の毛利公郎さん(中18)による乾杯で懇親会を開始。

 

さて、今年の幹事は41回生。41回生が送るメイン企画は「甲子園」。第一弾は、甲子園にちなんだクイズ大会。誕生月毎に集まったテーブル対抗で、初対面同士が一気に盛り上がり、会場が和みました。続いて、応援グッズを身に着け、野球部の甲子園出場決定から、チアリーダーチームを始めとする応援準備の様子、そして試合の映像を目にし、会場はあの日に戻った盛り上がりに。

ここで、広島遠征中の野球部永井監督から寄せられた夏の甲子園に向けた決意のメッセージを紹介。そして、野球部OBの中野康史さん(高35)から、後輩に対する愛情あふれるスピーチがありました。

会場には50名を超える方からの、甲子園や高校時代にまつわるエピソードを、甲子園当日の写真とともに展示。その中から、本間賀夫さん(高5)の甲子園と奥様のセピア色の思い出、毛利公郎さん(中18)の戦中に結ばれたテニスの甲子園でのかなしくも美しい友情を朗読。

 

今回の甲子園企画は、東京チームだけでなく、41回生神戸チーム3人の協力があってのもの。有終の美は、この3人が仕事や家事を顧みず母校に足を運んで取材してくれた映像。野球部に加え、野球部の活躍に刺激された他の運動部や甲子園のスタンドで野球部とともに涙したダンス部、吹奏楽部の姿、そして文化祭での生き生きとした生徒たちの姿を情景あふれる音とともに綴った渾身の一作。母校の若人のひたむきで迷いのない姿に誰もが心を揺り動かされました。母校の皆さんの御協力、そしてその一瞬の姿を見事に切り取ってくれた神戸チームのみんな、ありがとう!

 

 

昨年に引き続き、模擬店「長タコ」と「放浪癖」も大繁盛!これらの収益は同じく大盛況だった参加者持寄りによるチャリティーバザー収益とともに、100周年事業基金や東日本大震災遺児への育英資金に寄付させて頂きました。また、熊本地震の被災者に向けて手作りのくまモン募金箱も設置し、集まった募金は日本赤十字社へ届けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、ステージ企画では、高山孝夫さん(高22)が華麗なマジックを昨年に引き続き披露。小野秀夫さん(高27)は「10秒で元気になる体操『できる!やる気で!』」というオリジナル健康体操を披露し、どちらも大好評でした。

 

 

振り返れば、実は昨年の総会・懇親会に出席した41回生は、なんと私のみで、第一関門はまず人を集めること。何とか集まった首都圏在住の7名でのキックオフは4月初旬。しかし、ここからは代々の先輩方と同様、やりだしたら凄い!とてつもなく早い!神戸チームが全力で母校を取材。東京チームも負けてはいられない。残業で帰宅が深夜になろうが、出張先であろうが、容赦なく指令が飛び交い、徐々に睡眠時間が少なくなっていくのでした。それでも、長田生が長田生を迎えるための準備は、重責と同時に、非常に誇らしく、楽しいミッションでもありました。

 

それでは、また来年の総会でお会いしましょう!(41回生山本哲也)

 

※総会・懇親会の写真を公開していますので、次のリンクからご覧ください。

https://goo.gl/photos/cLLuZQKb2Zcb5PaS7

 

 

 

 

 

| comments(0)|
◆2015年度東京支部総会・懇親会◆
6月13日渋谷東武ホテルにて、2015年度神撫会東京支部総会・懇親会が開催されました。冒頭、木下朋子さん(高40回)がアカペラを披露。そのままオープニング映像が流れ、ドラマチックに総会がスタートしました。

総会では南山支部長(高25回)が今年のテーマである「キセキとミライ」の意義について語り、車谷支部事務局長から年間活動報告と会計報告・新任2名を含む理事改選提起が行われ、承認されました。

続いて3名の来賓からのご挨拶に続き、水田校長先生からは母校の様子などをご紹介いただきました。兵庫県東京事務所長の古川様からは県人会のご紹介に加えて知事からのメッセージも頂戴しました。そして今回初参加の三宗神撫会新理事長より100周年記念事業の取り組みについてお話がありました。


総会後のお楽しみは懇親会。長年お世話になった村野前神撫会理事長による乾杯のご発声の後、いよいよ今年のもう一つのテーマである禁断の企画「大人の文化祭」がスタート。

東京支部とはいえ、遠くはバンコク・盛岡・神戸などから、懐かしい「文化祭」の噂を聞きつけた仲間が、いざ東京に集結!総勢160名の幅広い世代・地域の方々にご出席いただきました。


今年の幹事学年は40回生。当初は、準備委員会といえども、ただの飲み会と化し、久しぶりに集まる仲間との交流にただただ、懐かしさが募り、なかなか準備は進みません。思いおこせば、高校時代、あの日・あの頃…定期テストの日程も範囲もわかっているのに…やらなきゃいけないってわかっているのに…お尻に火が付くまではできません!やりません!それが、私たち40回生!


しかし、一旦火がついたら、やる時はやります!特にゴールデンウィーク明けからは猛烈な勢いでの準備。しかし、はっきり言って、取りかかりが遅すぎです!会の直前には、準備に関するメールは、夜中の1時2時は当たり前。昼間の2時3時も何通ものメールが飛び交います。

おかしいじゃないですか…皆さん、いい大人です。仕事中の時間です。45才が仕事や家事そっちのけで、祭りの準備です。いつもは、子どもや部下に、“何でも前もって計画的にやりなさい”っと、口を酸っぱくして言っているのに、とてもこの一カ月のメールの送受信履歴は見せられません。

お祭り最優先の長田生!高校時代、どうしてこれくらいの熱心さで勉強しなかった?!校長先生ごめんなさい。あの頃から、40回生は、全く変わっていません。

あまりのバタバタを見かねた先輩たちが、映像・屋台・ステージで多大なご協力をしてくださいました。この場をお借りして厚く御礼申しあげます。


文化祭では、まずステージ部門で、32回生有志が「夢で逢えたら」を見事なハーモニーで歌いあげると、高山孝夫さん(高22回)が高校時代の写真をバックに華麗なマジックを披露。続いて小野秀夫さん(高27回)の「どちらから読んでも同じ言葉になる」という珍しい回文パフォーマンスで盛り上がり、最後はプロのシャンソン歌手で冒頭でも歌ってくれた木下朋子さんが心のこもった曲を熱唱。その天使の唄声には、大先輩もうっとり。文化祭のメインタイトル通りのキセキのステージに一同大満足でした。


続いて、世代間交流企画として、生まれ月でテーブルを囲みゲームに挑戦! 各テーブルで「これぞ長田生のイメージ」、「お笑い長田高校100周年プロジェクト」などを発表し合い、水田校長先生に丸つけをしていただくと、豪華賞品も出て、大盛り上がり!
自己紹介しあった人の名前と回生をビンゴカードに書く「挨拶ビンゴ」ゲームでは、世代を超えた新しい交流が生まれました。

文化祭といえば、模擬店。かつてのユースホステル同好会が文化祭で出していた伝説のコーヒー喫茶「放浪癖」が完全復活!ドンゴロスに手作りエプロン、ステンドグラス、看板まで再現するという力の入れようは圧巻。回生を超えたキセキの交流が実現しました。

また恒例のバザーや32回生のチャリティーカフェに加え、理事有志によるたこ焼き屋台「長たこ」の出現に会場は大盛況。売上げは100周年事業基金や東日本大震災遺児への育英資金に寄付させて頂きました。

また展示コーナーでは近藤一彦さん(高23回)により、鉄道模型「校側長田学園鉄道」が40年の時を経て復活!そのほかに参加できなかった方からのメッセージ展示や、卒業生たちが活躍するサークルや会社を紹介するパネルコーナーなども皆さんに楽しんでいただきました。


今年はいろんな人が活躍してくださった総会でした。生涯青春の長田校生。あの頃の熱さのまま、また来年も総会でお会いしましょう!
(40回生 真野理加)








※その他総会の写真を別途UPしました。下記のURLをご覧ください。
https://plus.google.com/u/0/photos/113812542927420177818/albums/6164594264140559937



 
| comments(0)|
2015年度総会・懇親会報告
2015年度総会・懇親会は盛会のうちに終了いたしました

天候にも恵まれ、多数の方々にご出席いただきありがとうございました。
ご都合により本年はお見え頂けなかった方も、また来年お会いしましょう

【総会報告】
第1号議案、第2号議案は拍手多数をもって承認されました。

【第1号議案】2014年度会計報告及び監査報告
(1)2014度神撫会東京支部総会 決算報告
  〜躄饉支
 2014年度総会収支
 表をクリックで大きくなります
 東京支部会計収支
 2014年度支部会計
  表をクリックで大きくなります 
 神撫会東京支部基金残高
 2014年度基金残高
  表をクリックで大きくなります
(2)2014年度震災基金決算報告
  2014年度震災基金 
  表をクリックで大きくなります
(注)上記(1)(2)の「総会」には懇親会を含みます
(3)監査報告
 私は、2014年度神撫会東京支部の会計報告、および関連する会計帳簿、並びに証憑類等を監査致しましたが、いずれも適正妥当に会計処理をし、報告書に適正に計上表示されているものと認めます。
平成27年5月7日 会計監査役 松島圭一(高37回)


【第2号議案】2015年度役員任命
以下の通り役員を任命する。

2015年度役員候補者
理事(再任)
新山 真三(高19回) 奥平 雅士(高21回)
島谷 広昭(高21回) 南山 宏之(高25回)
稲田 晃三(高27回) 田中 直美(高28回)
岩崎 義彦(高29回) 井口 徹哉(高30回)
平岡 芳博(高31回) 大寺 佳子(高32回)
車谷 英明(高33回) 吉田 真一(高33回)
林  計寿(高34回) 林家 聰 (高34回)
山田 和子(高34回) 徳永 守 (高35回)
中野 康史(高35回) 谷岡 達也(高36回)
大橋 泰之(高37回) 山戸 康弘(高37回)

多武 直也(高38回) 池田 大作(高38回)
山口 英一(高38回) 
久茂田善晃(高39回)
村田 文衛(高39回) 河野 雄大(高46回)

理事(新任)
越田 博光(高40回) 奥井 健太(高40回)

監査役(再任)
松島 圭一(高37回)

名誉理事
中西 元男(高8回)


【チャリティーバザー報告】
おかげさまをもちましてチャリティーバザーも目標以上のご賛同を頂けました。
まずは御礼申し上げます。
神撫会東京支部では東日本大震災の被災地に向け継続的な支援を行うために「桃・柿育英会」に参加し、向こう10年間にわたりのべ100万円の寄付を行ってまいります。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。
※震災基金についての詳細はこちらをご覧ください

【神撫会100周年記念事業】
たこ焼きをご賞味頂いた皆様ありがとうございました。
今回にとどまらず2020年の100周年に向け、東京支部も記念事業をサポートしてまいります。
多くの皆様に賛同頂けるよう情報発信してまいりますのでこれからも宜しくお願い致します。
| comments(0)|
2014年度総会・懇親会の写真をアップしました
2014年6月14日(土)に行われました総会・懇親会の写真をアップしました。
多くの皆さまにご参加いただき、ありがとうございました。

「2014年総会・懇親会 アルバム」
https://plus.google.com/photos/102035856620943140599/albums/6028829608082332513?authkey=CL7K-vqM4o2PzgE

なお、懇親会内での企画で披露しましたムービーもアップしました(音が出ます)。
「オープニングムービー」


「エンディングムービー」
| comments(0)|
2014年度総会・懇親会報告
2014年度総会・懇親会は盛会のうちに終了いたしました

梅雨の晴れ間にも恵まれ、多数の方々にご出席いただきありがとうございました。
ご都合により本年はお見え頂けなかった方も、また来年お会いしましょう
2014総会・懇親会.jpg
【総会報告】
第1号議案、第2号議案は拍手多数をもって承認されました。

【第1号議案】2013年度会計報告及び監査報告
(1)2013年度神撫会東京支部総会 決算報告
  〜躄饉支
 
 表をクリックで大きくなります
 東京支部会計収支
 
  表をクリックで大きくなります 
 神撫会東京支部基金残高
 
  表をクリックで大きくなります
(2)2013年度震災基金決算報告
   
  表をクリックで大きくなります
(注)上記(1)(2)の「総会」には懇親会を含みます
(3)監査報告
 2014年4月26日、室井久麿東京支部監査役(高11回)に2013年度会計報告書と会計帳簿一式、現金、預金合わせて監査を受け、厳正に処理されている事を確認致していただきました。


【第2号議案】2014年度役員任命
以下の通り役員を任命する。

2014年度役員候補者
理事(再任)
新山 真三(高19回) 奥平 雅士(高21回)
島谷 広昭(高21回) 南山 宏之(高25回)
稲田 晃三(高27回) 田中 直美(高28回)
岩崎 義彦(高29回) 井口 徹哉(高30回)
平岡 芳博(高31回) 大寺 佳子(高32回)
車谷 英明(高33回) 吉田 真一(高33回)
林  計寿(高34回) 林家 聰 (高34回)
山田 和子(高34回) 徳永 守 (高35回)
中野 康史(高35回) 谷岡 達也(高36回)
大橋 泰之(高37回) 山戸 康弘(高37回)
池田 大作(高38回) 多武 直也(高38回)
山口 英一(高38回) 河野 雄大(高46回)

理事(新任)
久茂田 善晃(高39回) 村田 文衛(高39回)

監査役(新任)
松島 圭一(高37回)

名誉理事
中西 元男(高8回)


【チャリティーバザー報告】
おかげさまをもちましてチャリティーバザーも目標以上のご賛同を頂けました。
まずは御礼申し上げます。
神撫会東京支部では東日本大震災の被災地に向け継続的な支援を行うために「桃・柿育英会」に参加し、向こう10年間にわたりのべ100万円の寄付を行ってまいります。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。
※震災基金についての詳細はこちらをご覧ください
| comments(3)|